* *
碧い空に泳ぐ“くじら”に乗ったら・・・
Si je monte sur la baleine qui nage dans un ciel bleu...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
なんでモノクロ写真なのに、the color?
 みなさん、こんにちは。

10月末に写真展が終わってから、

悩んだり、笑ったり、

自信失ったり、取り戻したり、

落ち込んだり、ふっきれたりしている、

若菜です。



写真展【The Color】はとても好評だったみたいです。

「いい!」、「好き」って言って下さる、みなさんの優しさのおかげです。

ありがとうございました!!


カラーではなく、モノクロのポストカードを販売してたので、

前回の写真展【Photo Break】よりも売れませんでしたが、

それでも好き嫌いの分かれるモノクロに、興味を持って下さる方が意外と多かったのが、

今回の大きな収穫です。

電車の窓から


ちなみに、前回のコメントの質問にありました、

「なんでモノクロ写真なのに、タイトルが【The Color】なの?」への答えですが。

伝えたいことは2点あります。

 /Г砲△佞譴訐こΔ農犬てると、物の細部とか気にしなくなるのではと思いました。
それでモノクロにすることによって、今まで気がつかなかった世界を見てもらえたらと。
ガラスに映る人の立ち姿、シャンデリアのディティールとか・・・。

そうすることによって、究極的には他人の気持ちにまで意識が向けられるようになったらいいなと思うんです。
他人の気持は目では見えないけど、目の動きとか間の置き方とか、ちょっとした仕草に意識を向けることで、他人の感じていることは8割ぐらい、自分も感じられるんじゃないかと。

◆,發箸發反Г里△訐こΔ鯡椶埜てるから、モノクロ写真を見たって、無意識に頭の中で色のある世界を創り上げてると思うんです。
「この窓枠はきっと黄色かな」って。

でも、それが狙いだったりするんです。「あなたの色彩で世界を見る」っていう狙い。
世界は生まれる前からすでにあるけど、あなたの感じ方次第で、世界は無限に変化するんです。
そして、写真展で「あなたの色を見つけてもらえたらいいな」って思いました。


話は変わりますが、

仕事が落ち着くまでは、写真活動は少し休止しようと思います。

ブログは続けていく予定ですので、たまに見に来て頂けると、嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。
posted by 若菜 | 19:18 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(2) | trackbacks(0) |
社会人になって5ヵ月経ちました。そして、写真展やります。
お久しぶりです。

 社会人になって5ヵ月経ちました。

一人暮らしを始めて1ヶ月ちょい経ちました。

初めての写真展を開催して、6ヵ月経ちました。



まだまだ心に余裕はありませんが、また展示を開催したいと思います。

またまた急ですね。すみません。汗

ただいま、バタバタ準備中です。

展示期間 : 9月12日〜10月9日
場所 : 中目黒駅から徒歩7分、「けやきカフェ」 (前回と同じ)

写真展


今は、教育関係の仕事をしています。

基本は事務業です。

社会人になると、写真を撮る機会がグッと減ります。

久しぶりに撮った写真を友人に見せると、

「久しぶりに撮ったでしょ」と言われました。ショックですね。

とてもショックだったので、写真展をやろうと決心しました。


つづく・・・。
posted by 若菜 | 22:54 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(6) | trackbacks(0) |
音楽に影響されて

 みなさん、こんにちは。

ゴールデンウィーク最終日ということですが、
いかがお過ごしでしょうか。

私は、旅行に行かず、自由気ままに過ごしています。
ただ最近、無性に写真を撮りたくなります。
ということで、昨日は一度も降りたことのない駅に途中下車し、とある川辺を撮りました。

自宅に帰り、今日アップした写真の編集作業に取りかかろうとしましたが、
なんとなく、実験してみたいと思い、音楽をかけました。
音楽は写真にかなりの影響を与えるので、いつもは怖くて聞きません。
でも今回は、新たな自分を見つけてみたいと思い、
プレイヤーのスイッチを入れました。

電車


曲は、岩代太郎氏です。

いわば、実験ですね。
今の自分が、この曲を聞き、写真に対してどのような姿勢で臨むか・・・。
なので、いつもと写真の雰囲気が違うと思います。
皆さんが楽しんで頂けたら、嬉しいです。

川辺


ちなみに、仕事の方は順調です。
ただ困っていることがあるとすれば、
同期と笑いのつぼが異なるということです。
私だけ笑えません。

明日、配属先の部署が決定します。
良くも悪くも、環境が変わっても、私は変わらないでいようと思います。
しっかり生きたいと思います。

わた

こんな私ですが、
今後ともどうぞよろしくお願いします。

posted by 若菜 | 16:38 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(2) | trackbacks(0) |
個展のいきさつ
 急きょ、個展を行うことになったきっかけ。
それは、「ご縁」。といっていいのではないでしょうか。


私は個展をやれるほど、自分の写真に自信がありません。

なので、留学後に個展を開きたいとは考えてきましたが、

実行できずにいました。

「ブログ」は、やはり“気軽さ”があるので、写真を掲載できるのですが、

「個展」となると、写真にゆるぎない自信が無いと出来ない気がするんです。


そんな足踏みをしているときに、展示の話を頂きました。
これぞ「ご縁」です。

私が大学の先輩を居酒屋の店長に紹介して
→ 店長がKEYAKI CAFEを先輩に紹介して
→ CAFEのオーナーが先輩に「壁を飾ってくれる人を探している」と話したことにより
→ 先輩が私を紹介してくれました。

世の中ってうまく回ってますね。
オーナーに写真を気に入っていただけたので、それだけを自信に展示させて頂くことになりました。

ただ、せっかく素敵なcafeでやるのに、「完全なる展示」はイヤでした。
自分好みの写真を、光沢感のある用紙に印刷して展示するのが嫌なのです。
ということで、cafeに似合う展示、あくまで「インテリアとしての写真」を軸に展示しています。

それでも、まだまだ口だけの人間なので、出来ていないことが多いです。
すみません。
これからもゆっくり頑張ります。

少女

写真展の詳細

期間 : 〜3月31日
場所 : KEYAKI CAFE
電話番号 : 03-3791-8011
営業時間 : 8時〜22時
最寄駅 : 中目黒駅から徒歩5分
地図 : 食べログの地図はこちらから

テーマ : 【Photo Break】
写真で一息いれましょう。

写真は、基本的にヨーロッパを舞台にしています。
posted by 若菜 | 00:37 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(4) | trackbacks(0) |
写真展開催!
 こんにちは。

前回、簡単に告知したように、本日から写真の個展を開催しております。

実はほんの2週間前決まったことなんです。

なので皆さんへのご報告が間際になってしまいました。すみません。



さてさて、写真展の詳細はこちらです。

期間 : 本日〜3月31日 8:00〜22:00

場所 : KEYAKI CAFE(けやきカフェ) tel 03−3791−8011

最寄駅 : 中目黒駅

行き方 : 中目黒駅→山手通りをTSUTAYAの方面に歩く→最初の大きな交差点(中目黒立体交差点)を横断せずに道なりに駒沢通りを行く→目黒区総合庁舎を過ぎたところの右手に、「KEYAKI CAFE」があります!! ガラス張りのお店です。
食べログの地図もあります。←click

少女

今回の展示のテーマは、【Photo Break】です。
tea breakならね、フォトブレイク。
写真で一息入れましょう。

また、展示方法としては「インテリアとしての写真」という考えを軸に、
写真を選び、飾っています。
店内のインテリアや、お店とお客様の雰囲気に合わせて展示しています。


いやはや、もう出掛けないと。
今回の展示のいきさつを書く時間がないので、
次回、お伝えしたいと思います。

今はまだ寒いので、桜が咲く下旬にいらして下さい^−^
posted by 若菜 | 10:02 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(2) | trackbacks(0) |
頑張る人は美しい
JUGEMテーマ:人生論
皆さん、こんにちは。 

前回の記事へのコメント、ありがとうございます。

「プラットフォーム」を題に、皆さんの心境が鮮やかに描かれていました。

このブログを見る方は、文才があるのでしょう。

なんだか、プレッシャーですね。 どんどん更新が遅くなります。笑



今回の記事は、「頑張る人は美しい」というタイトルです。


先日、とあるメイクの講座に参加してきました。

お化粧に特別な興味はないのですが、「ご縁」ということで参加しました。

そこで素敵な方と巡り会ったのです。

その方は、30代の女性。

メイク講座に参加した理由を、彼女はこう言いました。

「今、好きな人がいるんです。 私はその人を振り向かせるために、こちらに参加しました。
振り向かせて、付き合って、結婚するのが目標なんです。」

単に「婚活」とも取れますが、違います。

背筋をピンとして、真剣な顔で話す彼女に、私は胸を打たれました。



最近、やりたいことに夢中になっている、とある方とよく会います。

その方は20代後半の男性。

4年前からの付き合いですが、とりわけ最近よく会います。

そして彼の変貌ぶりに毎回驚かされます。

物静かで、一人でいつも行動していそうな方だったのが、

今では、誰にでも自分から話しかけられて、明るく、お喋りな方になったのです。

理由は、一生懸命になれることを見つけたから、だと私は思います。

池

そんな2人を見ていると、こう思います。

「頑張る人は美しい」

もう目つきが違うんですね。 目の強さ、輝きが違うんです。

そんな彼らは美しいと思います。



ということで、私も頑張ってみます。

来月、写真の展示を行います。


*詳細*
期間 : 3月1日〜31日
場所 : KEYAKI CAFE (けやきカフェ)
最寄駅 : 中目黒

写真の販売も致します。


次回の記事で、こちらのいきさつをご説明いたします。
あと詳細も。
posted by 若菜 | 12:36 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(2) | trackbacks(0) |
近況報告
 もう、本当にすいません。

更新できなくてすいません。

免許の学科試験3度落ちてすいません。

卒論進まなくてすいません。

なのに人とゆっくり会っててすいません。

若菜です。


以上、近況報告でした。



うそです、すいません。

就活が終わってから、
燃える矛先が見つけられなくて、頭の中に虫がブンブン飛んでた10月から一変し、
11月から現在まで自動車免許取得、卒論、卒業パーティー企画に力を注いでいます。

やっぱり忙しくしている方が性に合ってるのですね。
ただ、自動車の第一段階の学科試験に3度も落ちるのは、正直もうイヤです。
やっぱり、向き不向きってあるんですね。教官に刃向かって授業パス出来なかったこともあります。笑



皆さんは今何に燃えてますか?


プラットホーム


この写真以前アップしたことありましたっけ?


写真が「プラットホーム」なので、深夜2時近くにこんなこと考えてみました。

人生はプラットホームである。
乗る電車はあなたが決める。 決められなければ、ずっと同じホームに立ちつくすことになる。
乗った電車は必ずしも目的地に到着するとは限らない。
大雪で途中止まってしまうことがあれば、他の電車に移ることになる。
もし、流れる風景を見て心が変われば、あなたは乗る前に決めた目的地とは別のところに行くでしょう。
私たちの前に、たった一本のレールはなく、私たちはいつでもどんなときでも、今いるレールを変えられる。
それは、暗にこう示しているのではないでしょうか。
「わたしたちはいつだって、何者にだって、なれるのだ。」と。
posted by 若菜 | 01:50 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(7) | trackbacks(0) |
しろいくじら
 ご無沙汰しております。

バイト先のフランス人シェフに“しろいくじら”の話をすると笑われます。

くじらは“肥満”を表すらしく、“白ブタ”のようなイメージを持つみたいです。

ネーミングの説明をちゃんとしないと分かってくれません。 はぁ〜。

若菜です。



せっかくのコメントのお返事もなかなか書かず、更新もろくに出来ていなく、見に来ていただいてる皆さんに申し訳ないです。


最近はというと、卒論のための調査をしたりサークル活動に参加したりしています。
夏休みはどこにも旅行に行かずバイトをちょこちょこしてました。
留学中に旅行した分の自分への戒めです。笑

フジロックに行かれた方、お会いしたかもしれません。
ワールドフードコートのフランス料理の出店で働いてました。

ビックサイトの旅行博に行かれた方、お会いしたかもしれません。
フランス料理の出店でクレープ巻いたりしてました。
そしてAKBが取材に来てました。
対応していたうちのフランス人オーナーは子供に興味が無いらしく、AKBさえも適当にあしらっていました。
すごい。笑

ねこ

写真ももちろん撮ってます。
母が使っていないlomo(トイカメラの一種)を貸してもらい、フィルムデビューをいたしました。
社会人になったらちゃんとしたフィルムカメラ買います! 今後の目標です。
そして今月から自動車教習所にも通います! 遅いです。

こうやって何かしようと動くものの、不完全燃焼感がつきまとい頭の中がいつもうるさいです。
うるさくて余計に疲れます。 もっと計画的に効率よく動かないとと思うのですが、落ち着ける瞬間があまりなく、いつも頭の中でハエがブンブン飛んでます。

ちなみに部屋には蚊がいます。 なかなか出ていってくれません。
posted by 若菜 | 16:34 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(4) | trackbacks(0) |
写真について
 写真について



「写真」と言われてイメージするものは何ですか。

私の場合、理科の教科書に出てくる朝顔の写真や、どこぞのお偉いさんが撮影したような富士山しか頭に浮かびませんでした。

4年前までは。

イメージが変わったのは、ある2人の写真に出会ったことです。

1人は、今も尊敬してやまない「植田正治」さんの写真に出会ったこと。

生まれて初めて、写真を見て鳥肌が立ち、わくわくしたことを今もなお鮮明に覚えています。

私の中で、単なる「モノを写した紙」であった写真からグンと可能性が広がりました。


そしてもう1人は、母の写真です。 母は私に写真を始めるきっかけを作ってくれました。

母の写真を見たとき、「これぐらいなら私も撮れるんじゃないか」と思いカメラを持ちました。笑

あれ、感動的な話でまとめるつもりだったのに・・・汗。

谷中

ということで、私にとっても写真は、最初は遠い存在でした。

それが今や、写真の第4次ブームか何かでものすごく身近な存在になっています。

しかしそれでもなお、写真の現代アートやコンセプトアートなどは遠い存在です。

勉強したり、写真家に直接話を聞かないと理解に苦しみます。

とあるキュレーターの方(展覧会の企画などを主に行っている方)はこのようにおっしゃっていました。

「今までは作品に対して展覧会側や作者側は「分かってくれればいいよ」というスタンスでしたが、「分からせてあげるよ」というスタンスが現在なのです。」

確かに以前、恵比寿写真美術館の写真祭のようなものを見に行きましたが、展示方法や作品の理解に苦しみ「写真は敷居が非常に高い」というイメージを植え付けられました。

それは写真家や展覧会側の意図がよく掴めなかったからです。ある程度のメッセージは感じられましたが、展覧会全体で何を伝えたいのかがその場にいて分からなかったのです。

これこそ「分かってくれればいいよ」状態です。

先ほどのキュレーターさんがおっしゃっていたように、「分からせてあげるよ」というスタンスに変わっていけばまた写真初心者の私たちにも新たな扉が開くのではないでしょうか。

根津

ちなみに、現在、カメラは性能を増して、ブログのように発表する場も増えて、「誰でもプロになれる時代」とよく言われています。

そのような中でキュレーターさんはこのようにおっしゃっていました。

「若い方が気軽に利用する写真はブログなどにも出てきますが、それは作品ではなくコミュニケーションツールとしての写真です。つまり、おしゃべりの一つ。 プロの写真は、それ自体が「読み物」であり「作品」なのです。印刷方法や印刷用紙も全て作品の一部なのです。」

納得です。






posted by 若菜 | 16:14 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(5) | trackbacks(0) |
着物について
 ついこの間、曾祖母の桐タンスを整理しました。

亡くなってから何年も経つのですが、タンスの中身はそのままでずっと祖父の家の隅に置いてありました。

「もういらないから、欲しいんだったら持って行きな。あとは捨てていいよ。」と祖父に言われて、15年以上ぶりに引き出しを開けました。

曾祖母は90年以上生きた方です。 そして亡くなってから15年以上経ちました。
つまり、タンスに入っていた服は少なくとも60年以上前に買ったものです。
それなのに、開けてみると、着物はどれも綺麗で虫が食べた後もありませでした。
とても貴重に扱っていたんですね。

私がこれからもずっと着れば、この着物に100年の命を吹き込むことになります。
そしてまた、曾祖母から続く着物が私の手にあることに幸せを感じます。

「着物の命は長い」とどこかで聞いたことがありますが、これほどまでに長いとは今まで知りませんでした。


神楽坂


現在、着物を日常的に着る方はごく少数で、その道のプロ(華道、茶道、おかみさんetc)しか着ていないのではないでしょうか。
だからこそ、着物に縁遠い方にとって「着物を着る」=「完璧に着こなす」という思考になっているのではと私は考えます。

現代に生きる私たちは、幼いころから洋服を着て、着こなせるように雑誌をまねたりして努力しています。それでもなお、「着こなしに自信がない方」は大勢います。
だったら、着物を着こなすなんてもっと大変なことですし、練習すべきなんですよね。
着物を着て、街を歩いて、ウィンドウに映る自分の姿を見て「失敗した!」と思うことが大切なんだと私は思うんです。
だって、洋服を着てる私たちは今まで、朝選んだコーディネートを後悔したことが何度もあったはずです。
そう、つまりは洋服を着るのと同じスタンスで、着物を着ることが大切なんです。


なぁ〜んて、最近そう思います。


着物?

好きですよ。 着付け教室行ったことないですけど、自己流で着ます。

毎回、ガラス越しに後悔します。笑

若菜でした。




記事を読んだら、最後にポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村

posted by 若菜 | 23:48 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(5) | trackbacks(0) |