* *
碧い空に泳ぐ“くじら”に乗ったら・・・
Si je monte sur la baleine qui nage dans un ciel bleu...
<< 心のふたについて | TOP | 自力の変化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
変化のきっかけ
いつも変わりたいと思っていました。

大学1年生の頃に、とある60代の登山家と出会いました。
「寝食を忘れるほど集中できるものを見つけなさい」
彼はグレーがかった優しい瞳で、社会人懇談会に集まる学生たちに語りかけていました。

大学2年生の頃に、とある仙人と出会いました。
仙人は生きてきた90数年分の情報から、私に必要なことだけを理解しやすいように話してくれました。
仙人は痴呆症の奥さんをカフェへ連れて、周りのお客にも気を使い、いつも優しく接していました。

大学4年生の頃に、とあるキュレーターと出会いました。
「白髪のご婦人」という言葉がとてもよく似合う、背筋が通った細身の女性。
プライドの高い中年男性を前にしても、彼女は丁寧にしっかりとした口調で応対していました。

社会人4年目の頃に、とある人材教育家と出会いました。
社会人になって初めて出会った尊敬する女性。
辛いバックグラウンドがある中で培った技術と理論がとても人間的でカッコ良かった。

人との出会いがある度に、私は「こうなりたい」という気持ちを再確認する。


あなたの変化のきっかけはなんですか?


このお話は、「変化のきっかけ」→「自力の変化」→「自然の変化」の3部構成で考えています。
次回の「自力の変化」は明日アップいたします。
引き続き読んでいただき、一緒に考えることができたら嬉しいです。

JUGEMテーマ:人生論
posted by 若菜 | 18:35 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:35 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://shiroi-kuzira.jugem.jp/trackback/139
トラックバック