* *
碧い空に泳ぐ“くじら”に乗ったら・・・
Si je monte sur la baleine qui nage dans un ciel bleu...
<< SOSの猿〜遠い誰かのSOSに耳を傾ける〜 | TOP | 変化のきっかけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
心のふたについて
心にふたをすることについて

私は社会人になってから、心にふたをしながら日々を送っていました。

仕事で心が傷つかないように。
現実と理想の狭間で心がザワつかないように。
周りと比べて焦らないように。と。

でも心は正直で、夜になるとなんだか悲しくなりました。

私は何者になりたいんだろう。
いったい何がしたいんだろう。

どうにかこのトンネルから抜け出したくて、毎日ジタバタしてました。
仕事でも100%頑張る。
それ以外でも100%頑張る。
自分で自分を追い詰めてしまったけれど、
2年半が過ぎたころ、頑張った分だけ見えてきた世界がありました。

心のふたを開いたとき、見えてくるものがありました。

私が「何が好きで」、「何が許せなくて」、「何が大事で」、「何なら無限の力を発揮できるか」が...。

私が、あなたが、
いつ・どこで・誰によって・どんなときに、

心のふたが開くか分かりませんが、ふたが開いたら、開けたままにしてください。

悲しいけれど、辛いけれど、涙がこぼれるけれど。

「何が好きで」
「何が許せなくて」
「何が大事で」
「何の為なら無限の力を発揮できるか」

が、少しづつ見えてくるかもしれません。

JUGEMテーマ:人生論
posted by 若菜 | 17:46 | 日記 〜 les journals et les photos du japon〜 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:46 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://shiroi-kuzira.jugem.jp/trackback/138
トラックバック