* *
碧い空に泳ぐ“くじら”に乗ったら・・・
Si je monte sur la baleine qui nage dans un ciel bleu...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
オランダの旅 −スネーク編− le voyage a Sneek au Pays-bas
 スネーク1皆さんこんにちは!

荷作りも部屋の片づけもだいたい終わり、
今はフランスでの更新が最後となる記事を書いております。

私にとってこの留学とは・・・。

みたいな感じで感想を述べるべきなのでしょうが、
今はまだワタワタしてる最中なので帰国後落ち着いたら書きたいと思います^U^


今回は北オランダにあるスネークという街をご紹介します。


こちらの街、全くもって観光スポットと言うわけではないのですが、
オランダからデンマークに移る時にかなり時間がかかるので、
デンマークに近い地域で宿を借りようと思ったわけです。
スネークにはユースホステルがあったので、
ただそれだけの理由で行きました。スネーク2
観光シーズン寸前の時期に宿泊者はマッスルボーイズとご老人だけ。

このマッスルボーイズ、団体で来てるのできっと何かの合宿だと思います。

そして元気なご老人も団体で来ていましたが、この街で何をするんだろうと疑問でした。



スネーク3そう、疑問が沸くほどこの街には見るところがないのです。

個人旅行客はどうやら私だけのようでした。
6人収容の相部屋も一人で使わせて頂きとてもラッキー。

そして天気が良かったのもこの日が土曜だったのもまたラッキーでした。

景色が色鮮やかに目に映り、通りには出店が並び、小さな広場では太陽の下でオーケストラが演奏していました。

もしこの日が雨で日曜だったら、きっと寂しい一日だったでしょう。

スネーク4またここは住人の半分以上がボートを所有しているのではないかと思うほど川にボートがづらりと並び、メンテナンスをしている人もいればご老人3人で仲良く日向ぼっこしているという、そんな光景がとても印象的でした。
スネーク5

さてさて、
いよいよ帰国のカウントダウンですね。

既に帰国後の予定は決めています。

この日にケータイ買って、あの日に飲みに行って・・・。笑

あっという間にフランス語を忘れてしまいそうですね。


スネーク6
お母ちゃん待っててね。

若菜、帰ります。
posted by 若菜 | 21:21 | オランダの旅 〜le voyage au Pays-bas〜 | comments(8) | trackbacks(0) |
オランダの旅 ‐アムステルダム編− le voyage a Amsterdam au Pays -bas
アムステルダム1皆さん大変長らくお持たせしました!

2週間かけて東はチェコまで。
2週間かけて北はスウェーデンまで。

中休みとして2日間ストラスに居たとしても、4週間で9カ国(スイス・オーストリア・チェコ・ドイツ・ベルギー・オランダ・デンマーク・スウェーデン)周るのは色々な意味で大変でした。笑
アムステルダム2何が大変かというのはまた次回話たいと思います。

とにかく今は写真の整理と7月からの南仏旅行の準備と帰国準備でてんやわんや。

旅行から帰ってきた21日は夕方の6時に就寝して、起きることもなく14時間夢の中をさまよい、起きた瞬間から帰国の準備に取り掛かかっていました。アムステルダム3

そして気がつけば今日・・・。
文字通り、嵐のような1か月でした。


本当は今日もバラ園に写真を撮りに行こうと思ってたのですが、いよいよ体調を崩してしまったので断念。

今はツムラの葛根湯を飲んでゆっくり記事を書いてます。

1か月陽のあたる下でずっと行動してたので軽い熱中症にかかったんだと思います。

写真撮ってると水を飲むのも忘れますし、サングラスや帽子をしたくてもファインダー覗くときに邪魔になりますからね。

無防備でした>‐<
アムステルダム4
今後の予定としては、
1、この土日で体調を整え、部屋を片付ける。
2、月曜に掃除婦さんに部屋の点検をしてもらう。
3、火曜日に部屋を引き払って大荷物を持って口座を閉めに行き、友達の家に泊めてもらう。
4、水曜日、朝から南仏へ出発。
5、13日にまたストラスに戻り、15日にフランス出国!16日に日本到着。


アムステルダム6と言うことで帰国するまで気が抜けません。

旅行するのも帰国するのも、体調が良くないと全ての事が進みません。


うにゃ〜、。
帰国するまでは体もカメラも耐えてほしい、若菜でした。
あっ、写真の説明してませんでしたね。

オランダはアムステルダムとスネークという北オランダに訪れました。
アムステルダムは都市ながらも空間に隙があって生活するには素敵な街だと思います。
アムステルダムは自転車社会で、車道と歩道とは別に自転車道が設置されています。
ストラスも割と自転車道があるのですが、道の途中で車道と混ざったりします。
アムステルダムはきっちりしっかり整備されているので道を横断するときもいつもの2倍注意しなくてはなりません。
車道を渡ってホッとしてると、チリンチリンと鳴らされます。笑


ブログの今後の予定ですが、
次回はオランダのスネークという街をご紹介したいと思います。
留学を機に始めた「しろいくじら」ですが、帰国してももちろん続けたいと思っています。

どうぞ末永くよろしくお願いします。
posted by 若菜 | 21:02 | オランダの旅 〜le voyage au Pays-bas〜 | comments(6) | trackbacks(0) |