* *
碧い空に泳ぐ“くじら”に乗ったら・・・
Si je monte sur la baleine qui nage dans un ciel bleu...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
3月9日
こんにちは。

最近、更新がご無沙汰になっております。

いつも見に来て下さってる方々、また懲りずに見に来て下さい。


もうすぐ卒業式ですね。

中学生のmiさんは高校生になり、私の弟は大学生になり、一個上の先輩方は社会人になります。

yahooを見ていると、
レミオロメンの「3月9日」が新しい卒業ソングとして定着しつつあるという記事を見つけました。

そして私はある仕事でその曲のイメージ写真を撮りました。
今回は採用された写真の他にも何枚か載せたいと思います。
それではどうぞ。

タイトルは「3月9日の少女たち」


les filles le3 mars12345


ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
posted by 若菜 | 22:08 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(8) | trackbacks(0) |
ストだ! 休講だ!
2008年 2月19日

ストです。

今年、ストラスブールにある3つの大学が統合しました。
もちろん私が所属してるマルク・ブロック大学も統合され、
“ストラスブール大学”と呼ばれるようになりました。
今までは学部によって大学が分かれていたんですね。
マルクは文学・社会、ルイ・パスツール大学は法律、
ロベール・シューマン大学は経営・経済という感じ。

語学学校の先生曰く、統合した方が大学経営しやすくなるのだそう。
また他の友達曰く、マルク・ブロック大学よりもルイ・パスツール大学の方が人気だから、
統合した方が経営的に有利なのではと。

しかしこの動きに対して「No」の声が上がり、ついにストが決行されました。

反対の理由は大学の登録料の値上げ、
大学間の競争に巻き込まれるのではないかという懸念など。



大学の敷地内にある語学学校で授業を受けていると、
窓の外から群衆の声が聞こえてきます。

「たしか今日がスト決行日だったなぁ。」と思ったところで授業終了。
大学の広場に出てみると、何百人もの学生が集まっていました。
授業がある日でもこんな人数は見たことがありません。
そしてどこからともなく音楽が聞こえ、旗を持つ人たちが中心街へと歩き始めました。

おぉ面白そう。
でもこの日は他に用事があったので一緒について行けませんでした。

後日、ストの日に中心街に買い物してたクラスメイトがこんなことを言ってました。
「お店から出たら広場に300人以上の学生が集まってストライキしてたよ!まっ私はアメリカ人だから関係ないけどね♪」
私も見たかった・・・。一応、社会学部なので社会運動とかとても興味があるんですよ。
ちなみにスト前日の校内は、旗や垂れ幕の準備で賑わってました。
寮の部屋のドアにもスト参加に関するチラシが挟まれていました。
私の寮は160人収容の棟が6棟あるので、
全てのドアにチラシを挟んだのかと思うとフランス人を尊敬してしまいそうになります。笑

しかし、大学では来週から試験があります。笑
試験前なのに授業がなくて平気なのでしょうか。
ストに参加してない友達はこの事実を冷静かつフランス人的に受け止めていました。
「まぁ大丈夫じゃない?」と。
適当だな〜。笑
そう、フランス人は日本人よりもだいぶ適当なのです。^^;

写真は大学の広場での光景と校内の様子です。
今回はコンパクトデジタルカメラで撮ったので、作品というよりただの“情報”ですね。
広場にてsavoir=知る旗=きっと手作り楽しそう大学の壁にメッセージメッセージ

「“教育”は商品ではない!」
大学

大学の入口には「ストライキ」の垂れ幕
入口

さっきの入口を校内から見るとこんな感じ。
3つの扉のうち2つが机と椅子のせいで開きません。
でも一応入れるので、本当の抵抗ではありませんね。笑
校内のカフェテリアではいつも通り勉強している学生もいます。
校内

振り返ってみるとこんな感じ。
ここが校内の広場的な場所。
スト前日は学生たちがビラや垂れ幕をここで作っていました。
校内2

校内へとつづくこのドアも今は開きません。



なんだか面白いですね。
でもこんなにストで盛んなマルクですが、
他の統合された大学に通う友達は「うちの大学はこんなことしてないよ。」と言ってました。
フランスのストは「やりたい人がやる。以上。」という感じがします。
みんなで団結して大学を変えよう!!という感じではなく、なんかお祭りっぽい。笑



ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
posted by 若菜 | 03:18 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(6) | trackbacks(0) |
冬のストラスブール
霧の中で
今回の写真は“雪のあとの霧の街”です。

冬のストラスブールは、
日が照る日もあれば、曇りの日もあり、
でも基本的に寒いです。

この写真を撮ったのは1月半ば。
イルミネーションが片付けられ、町が静けさを取りもどす時期。

雪はたまにしか降りません。
霧はよくあります。

そして今日は昨日に引き続き曇り。
春の日差しが恋しくなります。


おばあちゃん


大学ではストライキが起こってます。
友達も来週から参加するようです。
「若菜も誘いたいんだけど危ないからね。」
と言われました。
おぉ〜、本格的。


横断歩道
大学では一週間くらい授業がなく、いつ再開されるかもよく分からないようです。
ちなみに語学学校は学生からの授業料をもとに運営されてるので、ストは起きていません。

いったい何のためのストなんだろう。
友達曰く、サルコジさんの政治体制に関するストだそう。


川
こんな穏やかな街でもストライキがあるなんて・・・。
さすがフランス。
でも他人ごとではないんですね。
ストのせいでトラム(バスと電車の中間のような乗り物。主要交通手段の一つ)も止まってしまう可能性があるので、気をつけなくてはなりませんまったく、常識では考えられないようなことが次々と起こります。
は〜、フランスで生きるって面白い。


乳母車



ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ

posted by 若菜 | 00:57 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(10) | trackbacks(0) |
もうすぐ2月
shiroi-kuzira
こんにちは。

もうすぐ2月に入りますね。

フランスはバレンタインデーとかあるんですかね。

友達に聞いてみよ。


さてさて、待ちに待った語学学校が始まり、
怒涛のように一週間が過ぎようとしています。
この学校(IIEF)は一定のレベルを超えると単にフランス語だけでなく、
フランス社会、文学やEU、芸術についての講義も取れるのでとても密度の濃い授業になっています。
留学生向きの講義なので、大学の授業よりも分かりやすく私向きです。
でもやっぱ難しい。笑

クラスメイトはウズベキスタン、ウクライナ、アルジェリア、トルコ、ロシア、ベトナム、中国出身の方々。
日本人は私含めて3人です。


ボビー・ブラウン
これからどうなるのでしょうか。

こちらに来て5か月目に入りました。

そろそろ追い込みをかけてフランス語を習得しないとなぁと感じます。

そして語学学校が終わる5月ぐらいから帰国にかけての一か月間、

旅行して写真をたくさん撮れたらいいなと思います。


スイスにて
ちなみに今回の写真達は可愛い寄せ集めです。
撮りっぱなしで公開できなかったものをupしました。

一番上の写真はこちらで出会った日本人の友達。
とっても面白く笑顔の絶えない素敵な友達。
私のマフラーとジャケットを使って撮影に協力してもらいました。

そして最後の写真は以前にも紹介しましたフランス人の友達です。
5月ぐらいに来日します^^

shiroi-kuzira2
本当はこの友達2人の写真は100枚ぐらい撮ったのですね。
なので編集が終わり次第、皆様に公開出来たらと思っています。

それではまた次回☆





ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ



posted by 若菜 | 21:20 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(4) | trackbacks(0) |
朝の公園
最近、更新するのが滞っております。

写真が溜まりすぎてて困っております。

どうも、若菜です。



最近、空手を始めました。
代わりに合気道を辞めました。

語学学校が明後日から始まります。
大学はいつもどおり行きません。笑


この間、写真を撮りにバスで10分のところにある公園に行ってきました。
朝の公園はジョギングする人か犬の散歩をする人ぐらい。

そんなところで撮った写真をアップします。
本当は100枚撮ったのですが、今回は6枚こちらに載せます。
また他の日に他の写真もアップしたいと思っています^^

それではどうぞお楽しみください!

朝の光芽コウノトリ1あじさい葉コウノトリ2



ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
posted by 若菜 | 20:57 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(6) | trackbacks(0) |
女性であることについて
つぼみ
詩を載せようと思ったのに、詩と対になりそうな写真がないことに気づきました。
ん〜、困った。

ということで今回は、
人生をかけて考え抜きたい“女性であること”についてお話したいと思います。

これを聞いてまず
「女性であること?」と頭をかしげてしまいますよね。
これは少しジェンダー問題が絡んでくるんですよ。
でも難しく話すと訳分からなくなってしまうので、私の経験を交えて話をしていきたいと思います。
ジェンダーという言葉になじみがない人でも大丈夫*^^*


バラ

最近知り合った人がいます。
その方は20代後半で10代の頃からフランスに住んでいる男性です。
彼は「男性らしく」「女性らしく」という考え方を嫌っています。

私は男兄弟のなかで育ったので、
どちらかというと幼い頃から男勝りで「女性らしく」と言われて育ってきました。
兄や弟よりも多く家事を手伝わないといけなくて、言葉遣いもなおされてきました。
小学校6年生まで男子と喧嘩ばかりしてた私は、6年間の女子校生活の中で女性らしくなりました。
以前付き合ってた彼は“女性らしさ”というのを大切にしていました。
お弁当を作ると「女性にしか作れない味だ。」と言い、
何かにつけて「女性はこうあるべき」と言っていたので、
私は彼の思い描く女性像に近づこうといつも努力してました。
立ち振る舞い、しゃべり方、考え方・・・。


バラ2
そうしてるうちに身動きがとれなくなっていきました。
その彼氏と別れたとき、私は白いスカートを捨てました。
タンスの中には彼好みの服がたくさんあって、どれも可愛い女性を演出するような服でした。

今私のタンスにあるのは白いスカートではなく黒いスカート。
白いコートではなく皮ジャン。


私は“女性らしく”ある以前に“若菜”という人間です。
言葉遣いは良いほうがいいですが、なぜ“女性らしく”話さないといけないのですか。
立ち振る舞いは綺麗なほうが良いですが、なぜ“女性らしく”振る舞わなければいけないのですか。
この社会で生きてきた私は、私の考え方でさえも“女性らしさ”に染まりかけていました。


道

最近知り合ったその人は私のことはあまり知りませんが、こう言いました。

「あなたみたいな人は、日本で生きるのは大変だよね。」

「いろんな障害があるよね。」

やっぱり大変なんだ。とそのとき初めて気づきました。
そして、それと同時にホッとしました。

フランスに留学してても、日本人に“女性らしさ”を求められることがあります。
その度にイライラします。
感情が揺らいでしまうのも、きっと“私”というものが確立していないからでしょう。
女性らしさばかり求められて“私”という存在が今まで問われなかったのです。

留学を終えるまでに「私は私だから」と胸を張って言える私に少しでも近づきたいです。

女性

きっと私みたいな人、多いのかな。

もちろんね、男性と女性の差って大きいんだ。
でもね、それほど大きくない気もするんだ。

私もみんなも実際の差よりも大きいって感じてる気がする。
きっとそこには常識とか文化とかいっぱい詰まってるんじゃないかな。





ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ



posted by 若菜 | 00:13 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(8) | trackbacks(0) |
明けましておめでとうございます。
mon noel
皆様、明けましておめでとうございます。(Bonne annee!)

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
家族に新年の挨拶をして、
お笑い番組見ながら、お餅食べて、家で暖かく休まれてるかと思います*^^*

私は何をしてるかって?
ん〜、それを言うと長くなってしまいそうで・・・しばしば億劫です。
書くとなるとまずフランスの新年の過ごし方について説明したくなりますし。

今日はひとまず、皆様への新年のご挨拶と写真を張らせて頂きたいと思います。

テーマは“私のクリスマス、私の思い出”

過去のクリスマスの思い出を思い返しながらしながら見て頂けると嬉しいです。
去年は家族と過ごしたなぁとか。 おととしは彼女と一緒にいたんだよなぁとか。
20年前、あの子はまだ小さかったとか。
丸ごと全部箱に投げ込んだ、過去の記憶。
楽しい気持ち、さびしい気持ち・・・。

どうせ今日は暇ですし、その箱を開いてみるのもいいかもしれません。
それではどうぞご覧下さい。

町並みクリスマスマーケット1くるみ割り人形裏道クリスマスマーケット2クリスマスマーケット3サンタさんクリスマスマーケット4マカロンとチョコサンタさん2


ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
posted by 若菜 | 01:25 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(7) | trackbacks(0) |
本題ですが・・・
赤いお店
ここまで色々手を出しながらやってきたので

卒業する頃には何かしらの集大成を残したいと思うのです。

自分なりの集大成。


しかしそう意気込んでいても、
異国の地でがむしゃらに走り続けるのは正直辛いです。

「疲れた。」と言える家族が近くにいないからでしょう。

言葉がうまく通じないからでしょう。


オレンジの建物

と、いうことで。

何かを得ようとか、何かを成し遂げようとか考えずに、
まずここで“楽しむ”ことを大切にしていきたいと思います。

以前、海外経験豊富な友人(人生に先輩)に
「留学って大変なんだね」と愚痴をこぼしたところ、
母親のように親身に相談に乗ってくれました。

「今外国語を話せなくてずっと聞いてばかりでも、それは赤ちゃんが静かに言葉を吸収してるのと同じこと。」
「今は赤ちゃんのように誰かの話してる言葉を聞いて、学び取っていく時期なんだよ。」
「もっと楽しんだ方がいいよ*^^*」

彼女は今、幼稚園生くらいの子供たちに英語を教える仕事をしているので、説得力大です。
私ぐらいの年の頃はロンドンに1年留学していました。

ねこ

まず語学学校に行くまでの半年は長い休暇だと思って、
一日、一日を楽しみたいと思います。
それで結果論として、何かを得られたらいいなと思います。


と、いうことで・・・。

明日から5日間、ドイツに行ってきます!!笑

大学が一週間休みというのもありますし、
ドイツに居る友達に会いたいというのもあります。
もちろん宿は友達の寮です☆ エコです。
ケチではありません。




帰ってきたらまたブログ更新しますので、
ドイツの風景、楽しみにしててください*^^*

それでは。




ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へ



posted by 若菜 | 02:43 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(6) | trackbacks(0) |
全力疾走
そろそろ日が暮れる

大学生活3年目。

この3年間、
全力疾走してきた気がします。


国際関係やホスピタリティに興味があって、
大学を選びましたが、
第一志望校に落ちて、第二、第三も続けて落ちて、
結局、入学したのは塾のチューターさんに勧められた大学でした。
それも社会学部。

悔しくて、悔しくて、
「この大学で学べる以上のものを学んでやる。」
と心に誓い、今まで走ってきました。

自転車

国際関係の学部に入れなかった分、
留学生を支援するボランティアに入り、
授業でも国際関係に詳しい先生と仲良くなりました。

英語が十分に学べない分、
高校時代の英語の先生を頼ったり、
一人、他大学の英語のサークルに訪れたりしました。
東大院生の英語のサークルにお邪魔してた時はかなりの無茶ぶりでした。
(おかげでキャンパス内を見学できましたが。笑)

ホスピタリティが学べない分、
スターバックスでアルバイトして、場数を踏みました。
運よく、素晴らしいボスやマネージャーとも出会えました。

白鳥

どうにか留学したくて、触れたことのないフランス語を始め、
2ヶ月半猛勉強し、フランス語検定3級取りました。

大学で何かを残したくて学科のプロジェクト(←紙産業に関する)にも入りました。



そうこうしているうちに3年目の秋が訪れました。



(あっ、別にね、
自分はここまでやったんだぞ、ということを言いたいのではないんですよ。
むしろここまで好きなことやらせてくれてる両親に
「ありがとう」を遠まわしに伝えたいんですね。笑)


さてここからが本題。


・・・・・・つづく。




ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へ
posted by 若菜 | 18:18 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(5) | trackbacks(0) |
ストラスブールの人々
cafeにて学生マダム母と子川岸でパン屋の前

石畳、パン屋、街に流れる川、秋の日差し、カフェ・・・。
ストラスブールの人々は好きなことに時間をかけている気がします。
そして急ぐということを知りません。
しかし歩くのは速いです。
足が長いからでしょうか。
ジーンズを試着するとだいぶ丈が余ります。

・・・この話はやめましょう。

次回は詩を書きたいと思います。
詩に興味がなければ、写真だけ見ていって下さいラッキー
それでは。


ランキング参加中植物
一読一回、ピコッとお願いしますハートニコ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へ
posted by 若菜 | 23:22 | 留学〜Strasbourg en France〜 | comments(5) | trackbacks(0) |